2014年08月20日

柚希さん

リマーユスカルプシャンプー2本セット 20%OFF 6,912円

こんばんは。兵庫県加古川市のチャネリングもできる行政書士noriri(のの)です。
今日は、大きなニュース。宝塚歌劇の星組のトップスター柚希礼音さんが来年5月で退団されるとのこと。

100周年の今年は、舞台からいつもにもまして、光や気持ちが伝わってきたのだけれど、
花組の蘭寿とむさんが5月退団され(とむさん好きだったし、泣いた・・・)、
そして今月で雪組の壮一帆さんが(壮さんの伝説誕生の歌に涙が出たことは、このブログで書いたとおり)、
そして、来年2月に宙組の凰稀かなめさん(かなめさんのオスカルが一番心が感動した。この時も泣いた・・・)が退団を発表しておられるのだけれど、
柚希さんまでとは・・・涙ぐんで当たり前だよね。

やっぱり、本物っていい、って味わったから。ラスト公演、見逃せないね。

今日もありがとうございました。
行政書士相談やチャネリングを受けてみたい方はこちらからどうぞ
姉ブログはこちら
一日1クリックの応援お願いします。おかげ様で高砂情報INポイント1位になりました。ありがとうございます。にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高砂情報へ













posted by noriri at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

ごきげんよう

おはようございます。
兵庫県加古川市のnoriri(のの)です。

今、朝ドラで話題になっている「ごきげんよう」って言葉。
私は恥ずかしさもあって、「じゃあ。またね」としか、言えない。
でも話し方やマナーの教室に通っていた時「ごきげんよう」と「おそれいります(すみません、ではなく)」を身につけましょうと先生よりご指導いたただいた。
「おそれいります」はすぐに身についたけれど、5年以上たった今も「ごきげんよう」は使えていない・・・。
・・・あ、それから英国式ティーパーティー講座で紅茶の正式な入れ方も習いましたが、ちゃっちゃと合理的に入れてしまいます・・・しかも茶葉ではなくティーパックで。

さてさて、noririの近況ですが・・・21日の宝塚の雪組公演のうっとりした感覚を味わいながら最近を過ごしてます。
お目当てだった100周年の5枚組CDも購入。100曲もあると好きな曲が結構入ってます(笑)
やっぱりベルサイユのばらの曲が耳に残ります☆

で・・・宝塚歌劇なんですが、公演が終了したら「さよなら皆様」という曲が流れます。
その歌詞には「さよなら 御機嫌よう」という言葉が繰り返し入っているのだけれど・・・。

とっても自然にはいっていて・・・私も自然にごきげんようといえるようになりたいな。
日本語ってとっても綺麗だね。

今年も折り返しですね。
後半も楽しく過ごしたいな。
今日もありがとうございました。
posted by noriri at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

雪組の前田慶次

こんにちは。兵庫県加古川市のnoriri(のの)です。

来週は、宝塚歌劇の雪組公演に行くので、今から楽しみにしている。
今年100周年の宝塚。ほぼ毎月通っているnoririですが、今年はさらに舞台がパワーアップしているというか、エネルギーを感じるよ。

でも・・実はこの公演で雪組のトップスターの壮一帆さんが退団されるので、さびしいですね。
(ついこの間、壮さんの同期の花組トップスターの蘭寿とむさんが退団されたばかりだし・・・・)

で・・・雪組公演は、ベルサイユのばらのフェルゼン編以来の気がする・・・。(その前の雪組公演は、音月桂さんの退団公演の仁-JIN-だったと思う)。

とはいうものの・・・壮さんのラスト公演の前田慶次は、実はどのようなストーリーか全く知らない。
キャラのイメージとしては漫画で有名・・・イメージは男も惚れる男って感じかな・・・だけれど、そのほかの印象は前田利家の甥ってことや馬のエピソードや上杉氏の家老直江兼続の親友ってところ。
・・・人物像にあまり詳しくないこともあって、だから余計にどんなストーリーなのか、楽しみ。
やっぱり雪組は日本ものだね!

今日は昨年に作成してファイルしておいた資料をひっぱり出してきてコピーする必要があって、そのついでにファイルやクリアファイルの整理をしたら、素敵な宝塚のスターのファイルをいっぱい持ってることに改めて気がつきました。大切にしよう!

今日もありがとうございました。
posted by noriri at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする